【数量限定】あの安めぐみも絶賛♪高級・徳谷トマト使用!徳谷トマトシャーベット

安めぐみ 出演映画

 主演の安めぐみを始めとして、津田寛治、石坂ちなみ、主題歌を手掛けたキリト、そして福谷修監督らが登場して、7月28日、テアトル新宿で『こわい童謡 裏の章』の初日舞台あいさつが行われた。

 キリトが、身近な心霊体験の話をし始め、「今朝知らない女性から電話があった。しかもその人が、自分の事情をよく知っているのでとても恐かった……」と恐怖エピソードを披露。しかし、電話の主は、何とキリトの母親だったそうで、これには会場はもちろん、隣で真剣に耳を傾けていた安めぐみも大爆笑だった。

 『こわい童謡 裏の章』は、先行上映された『こわい童謡 表の章』で未解決となった謎を解き明かしていくサスペンスタッチの作品。安めぐみが、怪奇現象の真相に迫る音響分析官を演じている。

 安めぐみが登場し、7月3日に童謡に秘められた怖い話を基に、“表の章”と“裏の章”の二部構成で2本の映画に仕上げた『こわい童謡』の披露試写会が行われた。舞台あいさつには『こわい童謡 裏の章』で映画初主演を果たした安めぐみのほか、霧島れいか、キリト、福谷修監督が登壇した。

 ホラー映画に出演した安は、撮影中に何か怖いことはあったのかと質問され、少し沈黙した後「……実は、今まで黙っていたんですが……」と語りだした。「廃校で撮影したとき、誰もいないはずの女子トイレから、ガタガタガタって音がしたんです! 怖くて走って逃げました!」と恐怖体験を告白した。

 もともと安は霊感があるようで、日ごろからお化けを見ることがあるという。しかし、怖がりな性格のため、もし見てしまったときは「あー、わたし今日疲れているんだわ」と自分に言い聞かせ、気持ちを落ち着かせているのだとか。そんな安が、初主演したホラー映画で、どんな恐怖の表情を見せてくれるのか楽しみだ。

 『こわい童謡 表の章』は、名門女子高の合唱部を舞台に、童謡が引き起こす猟奇事件をスリリングに描いたホラー・サスペンス。『こわい童謡 裏の章』は事件から5年経った設定で、主演の安は“表の章”で起きた事件の謎を解いていく音響分析官に扮する。
安めぐみが初主演した映画『こわい童謡』について、主演した安めぐみさんがインタビューに答えた。

安めぐみさんがホラー映画というのは意外な気がしたんですが…

「私はあんまりホラー映画が得意な方ではなく、有名なものは一応観てはいるんですけど自分から好きで観るってことはなかったんです。でもこの映画のお話を いただいて、とにかく台本を読んでみてから決めようと思って。読んでみたら2部構成になってて、<裏の章>では<表の章>で起きた事件を解明していく謎解きのような感じが面白いなって思いました。あと童謡がテーマになっているっていうのに興味が惹かれたっていうのもあるんです。想像してたのと違う、今までにないようなホラー作品だったのでやってみたいなって思ったんです。」

響子という女性は、音響分析官という特殊な職業の役で難しい専門用語も多かったですね。

「セリフを覚えるのはあまり苦ではないんですが、専門用語が多いので、それを日常的に使っているようにみせるのは大変でした。あとは、パソコンに向かって 音を分析しているってシーンが多かったんですが、わたしは普段パソコンをあまりやらないので使うようにしてみました。童謡も聴いて、自分なりに色々想像してみたり。
現場には実際に音響分析官の方たちが何人か現場に立ち会ってくださって、機械やマイクなど普段本当に現場で使っているものをお借りしてやったので、使い方だったり細かいことをかなり本格的に教えていただきました。実際にこのお仕事をされている方は、ほんのちょっとした音でも背景やシチュエーションを分析することができるらしいんですよ。」

悲鳴を挙げて叫んだりだとか、トランス状態になったりだとかホラーならではのシーンははじめての芝居だったと思うんですが…
「福谷監督は自由にやらせてくれる方だったんですよ。初主演というのもあって逆に不安なところもあったんですけど、とにかく自分が思う響子というのを現場にもって行ってあとは監督やスタッフから言われたことをもとに直しながら演じていきました。
童謡の世界に入り込むことで響子自身が忘れていた過去の傷のような、意識していなかったパーソナルなものが浮き出てしまうようなシーンもあるんですけど、 怖がるというよりも“音のプロ”として不思議な現象をあくまで科学的に分析しようとする姿勢は彼女の中で変わらない部分なので、そこを意識してブレないように演じるようにしました。」

B級ホラーのテイストもありながら、大きな音でこけおどし的な怖がらせ方をしたりとか、やたら過激なシーンでビックリさせたりするのではなく、理知的に計算された不気味さを漂わせてて、硬派なホラー作品ですよね。
「最近の映画ってすごくCGが多いじゃないですか。この作品も全くCGを使っていないないわけではないんですけど、ミイラだったり頭がない男の子に首をしめられるシーンがでてきたりするんですけど造形物に全部手作り感があって、なんか和みましたね(笑)。本当にみんなで共同作業で作り上げたって思えたので、現場はすごく一体感がありましたよ。あのミイラは写メールに撮って人に送ったりしたらすごく怖かったらしくあとでお怒りのメールが返ってきたりしまし た(笑)。」

映画の現場はあんまり経験がないということでしたが、テレビ番組のクルーに同行しているという設定では親近感があったんではないですか?

「津田(寛治)さんが演じていた番組のプロデューサーなんてすごく典型的な業界人チックな軽い感じというか。いるいるこういう人って(笑)。現場でも津田 さんはすごく場を盛り上げてくださったんですよ。松尾敏伸さんとは一緒のシーンが一番多くて、仲良くなりました。ホラー映画だけど現場はすごくアットホー ムで楽しかったです。」

撮影は廃校で行われたそうですね。

「映画の設定と同じで元女子校だった廃校なんですよ。待ち時間とかに教室でポツンと待っているときは、怖いのでわざと陽気な曲をかけたりしてました。あと お手洗いに行くのも本当に怖くって。<表の章>ではトイレで色々事件が起こったりするのを知っていたので余計に怖かったです。」

今までに怖い経験はあるんですか?

「見るんですけど信じてません。どちらかというとたぶん霊感が強い方で、でもそれは言いたくないんです。見たくないっていうのと、信じたくないので。そのたびに「私つかれてる」っていうことにしてしまいます。あまり口にはしないようにしてます。」

映画に主演してみて新しい発見や意識が変わった部分はありましたか?

「わからない部分もすごくある中で、とにかくうまくやろうとしちゃいけないなって思ってました。私が思う響子を精一杯やることを考えてました。去年は歌を 出したり、色んなことに挑戦しているんですけど、「いずれは女優に」「いずれは歌手に」みたいには思ってなくて、タレントとして色んな場を広げて行けたら いいなと思います。やってみなければわからない部分もあるので、今は興味があるものは色々やってみたいんです。
役割がある程度明確に決まっているなかで自分なりの表現で何かを伝えるというのがすごく好きで、向いているかなって思っているので、今回映画に出させてい ただいて、ある人物像を自分なりに想像しながら演じてみるっていうのは、楽しいって思いました。どんどんやってみたいです。お芝居することの楽しさはこの 映画ですごく感じました。
福谷監督はホラー作品を多く手がけられているんですけど、撮影に入る前に悪魔憑きにあった方のホンモノの映像をみせていただきました。すごいんですよ。福 谷さんは痙攣にすごくこだわりがある(笑)。みんなで痙攣の練習したりしたんですよ。トランス状態に陥ったクルーに私が襲われるシーンでは本当にすごく怖 くなってしまって。「落ち着け、落ち着け」ってゆっているんですけどあれ私のアドリブというか本当にリアルな気持ちだったんですよ。」
安めぐみが主演する映画『こわい童謡』の恐ろしいストーリーとは、次のようである。
「かごめかごめ」や「ずいずいずっころばし」など連綿と歌い継がれ、誰もが知っている童謡。しかしよく聴いて みるとその歌詞や旋律はどこか不思議な雰囲気を持っているにも関わらず、作者や由来など不明なものも多く存在する。もしそんな童謡に恐ろしい意味が込められていたとしたら…?
全寮制の女子高を舞台に、合唱コンクールに向けて童謡を練習する少女たちの間で起きた謎の凶行を描く<表の章>と、事件の5年後、現場を訪れたテレビ番組 クルーに起こった出来事を描く<裏の章>という二編で描かれる『こわい童謡』は、いまだ謎を多くのこす「童謡」を題材に、思春期の多感で不安定な少女たち の心理状況や、“うた”が人間の心理や行動をも左右してしまう戦慄を提示した新しいタイプのホラー映画だ。
<裏の章>では、今回が映画初主演となる安めぐみが番組クルーに同行する音響分析官・響子に扮し、普段テレビで見せるにこやかな笑顔を封印して、冷静沈着 に事件をみつめる理系の女性を演じている。<表の章>で起きた事件現場に残された物証を元に、科学的に解明していくミステリーであり、終始怪奇現象のよう な不思議な現象が起こる作品の中で、自分の唯一信じている「音」を頼りに事態を読み解こうとする響子の視線でストーリーは展開する。
残酷でショッキングな描写があるわけでも、貞子のようなクリーチャーや幽霊がこれみよがしに登場するわけでもない、理性的に恐怖やその根源的なものに向き合い、観るものを不協和音に陥れるように周到に計算されている新しいタイプのホラー映画といえる。ホラーはまったく苦手といいながら、安めぐみがこの作品を初主演に選んだのは、彼女なりの表現者としての感性からこの映画に“挑戦する魅力”を感じ取ったのかもしれない。
安めぐみさんが、初の主演でホラー映画に挑戦します。

ホラー映画 「こわい童謡【裏の章】」
2007年7月28日 テアトル新宿にて公開!

主演:安めぐみ
共演:松尾敏伸 石坂ちなみ
監督:福谷修

癒し系、ほのぼの系なのに、なぜかホラー関係にご縁がありますね。
でも、意外そうで意外でない気もします。初主演の演技に期待しましょう。
夏が待ち遠しい。

参考:こわい童謡のホームページ

スポニチニュース[2007.4.10]によれば、
 安めぐみさんが映画に初主演する。ついに、主演ですね。今までは、脇役だったけど、ついにやりましたね。しかし、真の演技力が問われますね。がんばって欲しいですね。

作品は、7月28日公開のホラー「こわい童謡【裏の章】」(監督福谷修)。“なごみ系”のキャラクターで人気の安めぐみが、独自の推理で恐怖現象の真相に迫るしっかり者の音響分析官役に挑む。「演じていてとても楽しいと感じられた」とすっかり女優業にはまった様子だ。
 おっとりしたキャラクターと愛くるしい笑顔で、バラエティー番組やグラビアに引っ張りだこの安めぐみが、本格的に銀幕進出する。

 映画はこれまで「恐怖学園」(01年)、「深紅」(05年)などに出演したが、どれも登場シーンが少ない役どころ。ドラマでは05年に放送されたテレビ東京「いちばん暗いのは夜明け前」の第6話にゲストで主演したが、映画での主演は今回が初めてだ。

 5年前に合唱部員12人が惨殺され、廃校になった女子高が舞台。深夜に校舎から童謡を歌う声が聞こえるという近隣住民の証言があり、安めぐみは、その謎を解明するテレビ番組の収録に同行する音響分析官・響子を演じる。独自の推理で事件の真相を解明する、賢くしっかりした女性だ。

 福谷修監督(39)は、安めぐみをイメージしながら脚本を執筆したといい「バラエティーの彼女のイメージと一見ミスマッチですが、そこにも作品の上での仕掛けがあります。見終わった時には新たな魅力に気付くはず」と自信を見せている。

 今年2月に、埼玉県内の廃校などで撮影。絶叫するシーンなどにも挑戦し「いつもはホラー映画を見ると、怖くて見た後に後悔したりするんです。でも、今回は作り手としてどうやって怖くするかを考えたり、演じていてとても楽しいと感じられました」と手応えを感じたようだ。
★★★ 安めぐみ 出演映画 リスト ★★★

  • 悪魔が棲む家2001(2001年、パル企画)

  • 恐怖学園(2001年、パル企画)

  • 天使急便(2004年、Cinema Cafe)ネットVシネマ

  • 深紅(2005年9月、東映) - 奏子の友人A役


安めぐみ 楽天市場