【数量限定】あの安めぐみも絶賛♪高級・徳谷トマト使用!徳谷トマトシャーベット

トップページ安めぐみ 出演映画安めぐみ初主演映画 『こわい童謡』の恐ろしいストーリーとは

安めぐみ 出演映画

安めぐみが主演する映画『こわい童謡』の恐ろしいストーリーとは、次のようである。
「かごめかごめ」や「ずいずいずっころばし」など連綿と歌い継がれ、誰もが知っている童謡。しかしよく聴いて みるとその歌詞や旋律はどこか不思議な雰囲気を持っているにも関わらず、作者や由来など不明なものも多く存在する。もしそんな童謡に恐ろしい意味が込められていたとしたら…?
全寮制の女子高を舞台に、合唱コンクールに向けて童謡を練習する少女たちの間で起きた謎の凶行を描く<表の章>と、事件の5年後、現場を訪れたテレビ番組 クルーに起こった出来事を描く<裏の章>という二編で描かれる『こわい童謡』は、いまだ謎を多くのこす「童謡」を題材に、思春期の多感で不安定な少女たち の心理状況や、“うた”が人間の心理や行動をも左右してしまう戦慄を提示した新しいタイプのホラー映画だ。
<裏の章>では、今回が映画初主演となる安めぐみが番組クルーに同行する音響分析官・響子に扮し、普段テレビで見せるにこやかな笑顔を封印して、冷静沈着 に事件をみつめる理系の女性を演じている。<表の章>で起きた事件現場に残された物証を元に、科学的に解明していくミステリーであり、終始怪奇現象のよう な不思議な現象が起こる作品の中で、自分の唯一信じている「音」を頼りに事態を読み解こうとする響子の視線でストーリーは展開する。
残酷でショッキングな描写があるわけでも、貞子のようなクリーチャーや幽霊がこれみよがしに登場するわけでもない、理性的に恐怖やその根源的なものに向き合い、観るものを不協和音に陥れるように周到に計算されている新しいタイプのホラー映画といえる。ホラーはまったく苦手といいながら、安めぐみがこの作品を初主演に選んだのは、彼女なりの表現者としての感性からこの映画に“挑戦する魅力”を感じ取ったのかもしれない。
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
安めぐみ 楽天市場